總共搜尋到 12 筆資料,共 1 頁。(搜尋時間:0.007秒)

相關熱搜字: 馬英九沖之鳥礁

沖田 總司(1842年7月8日-1868年)是江戶時代後期,幕末的新選組隊士、局長助勤、一番隊組長、劍術指導。一說生日為天保13年6月1日(1842年7月8日), 一說生年為天保15年(1844年)。 生於江戶(東京)白河藩宅(東京都港區),慶應4年5月30日(1868年7月19日)卒於江戶。本名藤原春政,幼名宗次郎,後改為藤原房良、沖田總司。

沖縄米軍トップ「感謝されるべき」 オスプレイ事故、抗議に反発

沖縄米軍トップ「感謝されるべき」 オスプレイ事故、抗議に反発

熱門度: 42

 米海兵隊オスプレイが沖縄県名護市安部の海岸に墜落した事故を巡り、安慶田光男副知事は14日、在沖米軍トップのローレンス・ニコルソン四軍調整官に抗議した際、「県民や住宅への被害がなかったことは感謝されるべきだと言われた」と明らかにした。米軍キ...
​台灣到沖之鳥礁護漁 日外相:遺憾

​台灣到沖之鳥礁護漁 日外相:遺憾

熱門度: 40

日本時事通訊社報導,針對台灣當局派軍艦前往沖之鳥周圍護漁一事,日本外相岸田文雄今天表示遺憾。正在泰國曼谷訪問的岸田對媒體記者做出上述談話。岸田重申,就國際海洋法而言,日本認定沖之鳥為島,存在專屬經濟海
沖之鳥是島? 國際打臉日本外相

沖之鳥是島? 國際打臉日本外相

熱門度: 61

岸田在記者會說:「沖之鳥島在聯合國海洋公約上已確立其『島』的地位,周邊是(日本的)專屬經濟海域。」岸田這番說法,顯然和事實不符。
日外相剛嗆完台灣 明將與中國總理會談

日外相剛嗆完台灣 明將與中國總理會談

熱門度: 55

日本外務大臣岸田文雄昨天才因沖之鳥問題嗆完台灣總統馬英九,今日就有消息指出,岸田文雄今起訪問中國,明日會與中國國務院總理李克強在北京舉行會談。馬英九表示沖之鳥是礁岩不是島,但岸田昨表示日本無法接受這樣
學者觀點/3層面看沖之鳥 日外相解讀錯誤

學者觀點/3層面看沖之鳥 日外相解讀錯誤

熱門度: 29

馬英九總統昨天主張「沖之鳥是岩礁,不是島」,日本外務大臣岸田文雄立馬回應,「沖之鳥島在聯合國海洋法公約上做為島嶼的地位是確立的,擁有周邊的專屬經濟海域」。岸田認為沖之鳥礁是島嶼的地位是確立的,這個說法是錯誤的,誤解聯合國大陸架界限委員會(CLCS)建議內容。
護漁升溫 馬總統:基本權益絕不讓步

護漁升溫 馬總統:基本權益絕不讓步

熱門度: 44

日本扣押我漁船事件,導致兩國關係急轉直下;日本外相岸田文雄28日在閣員會議後的記者會表示,不能接受台灣總統馬英九主張沖之鳥「非島是岩礁」的「片面主張」,27日已透過日本交流協會對台灣表達抗議;台灣外交部29日將召見交流協會代表。
日本外相:沖之鳥是島非礁 已向台灣抗議

日本外相:沖之鳥是島非礁 已向台灣抗議

熱門度: 99

我漁船在沖之鳥礁公海捕魚遭扣,引發台日政府對沖之鳥到底是島還是礁之爭。日本外務大臣岸田文雄在今天上午的記者會表示,台灣總統馬英九說沖之鳥是礁岩,不是島,日本無法接受台灣這樣的說法,昨天已透過日本在台交
「モヒカン故郷に帰る」松田龍平、前田敦子らがしゃもじに困惑

「モヒカン故郷に帰る」松田龍平、前田敦子らがしゃもじに困惑

熱門度: 2

「モヒカン故郷に帰る」のヒット祈願イベントが、本日2月8日に東京都内にて開催され、キャストの松田龍平、柄本明、前田敦子、もたいまさこ、千葉雄大、監督の沖田修一が登壇した。
台北行き全日空機、那覇空港に緊急着陸 操縦室にもや?:朝日新聞デジタル

台北行き全日空機、那覇空港に緊急着陸 操縦室にもや?:朝日新聞デジタル

熱門度: 17

 18日午後10時半ごろ、成田発台北行きの全日本空輸823便(ボーイング767型機)が、沖縄・那覇空港に緊急着陸した。 全日空によると、出発後、上空を巡航中に操縦室内に白いもやのようなものが発生。もや…
野外で放尿の女性撮影 逮捕のマニア男4人、トイレ少ない公園ねらう 

野外で放尿の女性撮影 逮捕のマニア男4人、トイレ少ない公園ねらう 

熱門度: 24

 女性が放尿する姿を撮影するため他人の敷地に無断で侵入したとして、警視庁生活安全特別捜査隊は、建造物侵入容疑で、東京都墨田区押上、自称ライター、沖山健太容疑者(41)ら大阪、千葉、宮城の4都府県の男4人を逮捕した。同隊によると、沖山容疑者は「私は放尿マニア。放尿中の女性は身動きが取れないので好き勝手に撮影した」などと供述し、いずれも容疑を認めている。
プロ野球団の増設、安倍政権が提言へ

プロ野球団の増設、安倍政権が提言へ

熱門度: 57

[東京 20日 ロイター] - 安倍晋三政権が6月に打ち出す成長戦略に、法人税率の引き下げや公的年金運用の改革と並んで、プロ野球球団の増設という「変化球」が盛り込まれる見通しになった。 球団増設によって地方都市と地域経済の活性化を図ろうという狙いで、自民党の日本経済再生本部がまとめた成長戦略への第2次提言案で現在の12球団から16球団に増やす地域活性化策が示された。 提言案では米大リーグが1960年代以降、チーム数を16から30に増やしていることを指摘。具体的に沖縄、静岡、四国、北信越を球団の本拠地候補として挙げている。 ただ、球団増設を実現するには、政府の支援だけでなくスポンサー企業の後押しも必要になる。しっかりした財政基盤がなければ「チーム間の戦力均衡を保つことができない」(原田宗彦・早稲田大学スポ